一戸建てのマイホームを破格で入手するコツを伝授

日本の古都に住む

積み木

設計士との相談が大切

京都は日本の古都として、独特の文化を今も持っている地域です。古くから続く家もありますが、もちろん転勤などで新しく住み始める人たちも多いです。特に京都の中心部は大学も多く、学生の街としても機能しているので、住人の出入りが激しくなっています。京都で注文住宅を建てるのであれば、京都らしい和風の家にするか、それとも現代的な外観の家にするか、悩んでしまいますが、意外にも和風の家は多くはありません。京都の中心部は開発も進んでいるので、新しい住宅街も多いからです。といっても、和風の家がないわけではないので、自分の好きなスタイルを選ぶことが大切です。京都の中心部は地価が高いせいもあり、駐車スペースが少なくなっています。その変わり公共の交通が発展しているので、自動車がなくても移動が楽です。なので、注文住宅を作る際は駐車スペースをどうするのかをハッキリしておいた方がいいです。中心部以外では自動車での移動は必要になってくるので、駐車スペースは確保しておくことをおススメします。注文住宅は自分の好きなように家を作ることができますが、もちろん建築基準法に適応させなければなりません。また、地震や台風にも強い家にしようとすると、デザインにも妥協をしなければならない部分も出てきます。地震や台風に強い家というのはどんなものなのかというのは素人には分かりずらいところもあるので、注文住宅を作る際は設計士の意見をきちんと聞くことが大切です。